プリペイド携帯電話/Prepaid Wireless

第1策 携帯事業者に縛られない。

通常は、携帯端末を割引きで入手する代わりに、長期サービス利用契約書にサインせんとならんぜよ。携帯会社と消費もんの関係は、己のケータイがあるか否かで大きく左右しちょる。つまり、SIM-freeのGSM携帯を持っちょれば、契約の縛りもないじゃき、そき、携帯サービス(GSM使用)も、月単位で自由に選び利用できるぜよ。 この選べる自由こそチンプルモバイルの根本的な考え方じゃき、最大のユーザーメリットぜよ。

“球けり”でいうところの球(マリ)をもっちょらんと、話にならんちや。

第2策 プリペイドであれば、手続き一切不要。違約金の心配なし!

携帯サービス利用にあたって必要な書類も多くてこまっちょる。英文だし、短期滞在の渡米もんにゃ入手不可なものも多いがね。クレジットカードの情報露呈も怖いちや。プリペイドなら、手続き一切不要ぜよ。保証金もなし。契約による縛りもないがやき違約金などの心配もせんでよか。

チッカリものの寺田屋の女将、お登勢さんもこな決め事なら納得するぜよ。

比べてわかる。プリペイドサービスのご利用はこがーに簡単。

  従来の契約型携帯サービス プリペイド携帯サービス(GSM対応)
ご利用に必要な書類一般 米国社会保険番号(SSN)
米国滞在ビザの提示
信用ヒストリー調査
米国発行の運転免許書(ID)
クレジットカード情報
なし
保証金 (Deposit) 保証金($100 - $800) なし
長期契約の有無 端末価格の割引き率によって、
1年または2年の契約が必要。
契約なし (30日単位の使用)
初期アクティベーション費 $35 SIMカード ($10 - 15) の 購入必要
早期解約に伴う違約金 使用期間によって最大$225 なし

第3策 携帯のサービスプランは「通話いつでも使いたい放題」がカギ。

メリケン国の一般的な携帯サービスプランは、夜間週末通話無制限、同携帯会社ユーザー間通話無制限は当たり前ちや。問題は、昼間の通話使用じゃき。プリペイドプランであれば、昼夜問わず、いつでも使いたい放題が月40ドルから利用できゆう。携帯通信費削減のため、法人による一括使用にまっことお勧めといえるぜよ。

「うちの亀山の連中にも使わせちょると陸奥がいっとったがね」

第4策 ネットからSIM-free GSM携帯をゲットする。iPhoneならUsedも人気。

携帯市場でのSmart phone War。優勢な iphoneに対して、 Google社が開発したAndroid OSを搭載した機種を各社が競って発売しちょる。SIM-freeのGSM携帯は、大型ディスカウントストアーやネットからも自由に入手できるがよ。iPhoneに代表されちょる人気モデルなら、中古機種がねらえ目ちや。新モデル発売と同時に、型落ちモデルが市場に多く出回るからぜよ。高価な携帯ばあ、カバーなどを装着して大切に使用するケースが多き、良好な状態の端末けんど、定価の半額以下で入手もできちょる。また、売りに流すときにも高く売れちょると。

グラバーさんから仕入れた話を饅頭やの長次郎が自慢いっぱいにいっちょった。

第5策 とにかく日本語でメールを読み、打てるようにしたい。PC、携帯、英語の苦手な方にはiPhoneがイチ押し!

iPhoneとGoogle社の Android OS(オープンソース)の発売じゃき、ニッポン語ケータイは、幕府の“専売特許”でのおなった。もともと殿様商売っちゅうが好かんちや。ニッポン語環境を求めるがやきあれば、iPhoneがベストじゃき。オペレーション自体をワンタッチでニッポン語化でき、フルキーボートを利用してニッポン語入力もカンタンちや。つまり、手のひらサイズの超小型PCといっても過言がやないぜよ。タッチパネルちゅう直感的な操作方法によって、遊び心で習得できるからすごいのう。PCや携帯、英語も苦手といったもんにも絶対お勧めなのがiPhoneちゃ。世界的大ヒット、超人気の理由を実感できるぜよ。

一方、スマートフォン市場の拡大を見込んじゃき、Sony Ericsson, モトローラ、サムソン(韓国)、HTC(台湾)、米Googleなど大手各社が競ってAndroid OS搭載の機種を開発発売しちょる。肝心なニッポン語も必要なアプリをダウンロードすれば、入力可能となるじゃき。あえて、巨大アップル社にもの申すなら、iPhone、1機種しか選べないことじゃなあ。そき、知人・友人の多くがみんなぶっちゅうiPhone使用やと何だかしょーもない気がするがなあ。
いろいろなチタイルや使い方から選べる楽しさっちゅうかが、Android OS搭載のスマートフォンじゃき。

ここにもチンプルモバイル「選べる自由」の意図があるぜよ。エヘン、エヘン・・・

第6策 アプリでできることいっぱい!iPhone vs. Android OS携帯

スマートフォンが人気を集めちょる理由にいろんなアプリっちゅう使用が欠かせんじゃき。そのアプリっちゅう数ばあんど、Android OS対応が約6万に対して、アップル社はおよそ3.5倍の22万5千もあるちや。たまげたぜよ。また、MP3用のituneの使用がiPhone人気の大きな理由ともいえるがよ。

勝先生から初めて地球儀を見せられたとき以来じゃ、スマートフォンっちゅうはまっことすごいのう。

第7策 WEBサービス・プラン不要。Wi-Fi機能だけでスマートフォンを使える!

スマートフォンの使用で必ず知っておいてほしいのけんど、Wi-Fi(802.11b/g)ちや。最近のノートブックなら、たいてえ同Wi-Fi機能が内蔵されちょる。例えば、ノートブックをスタバに持ち込むと、無料無線LANを自動認識してネット接続が可能となる便利な機能のことちや。同規格のWi-Fi機能が搭載されたスマートフォンなら、無線LANエリアの会社や自宅、公衆スポットでもスマートフォンから高速ネット接続が可能となるちや。チンプルモバイルじゃー、通話+テキスト+WEB使いたい放題60ドル/月のSIMPLE MOBILEサービスと、通話+テキストのみ使いたい放題 40ドル/月のH2O wirelessサービスを紹介しちょるけんど、もし、無線LANエリアばあでネット接続は十分というもんなら、WEBサービスの付帯せんH2O wirelessを選んでつかあさい。なきなら、WEBサービス料を支払わのうても、スマートフォンからネット接続ができるからぜよ。

メリケン国じゃー、カーっちゅう乗り物で通勤するもんに多く利用されちょると、万次郎さんから聞いたことがあるががよ。

第8策 SIM-free GSM携帯、消費者にとって選べる携帯とサービス!

メリケン国の携帯サービスを消費もんの立場にたって、今話題の人気スマートフォンを自由に選べちょる、大手携帯事業もんによって縛られん、異国で暮らすニッポン人のニーズにあったサービスを考えちょったら、このチンプルモバイルの方法になっちょった。ただそれだけの話じゃき。 メリケン国の商売っちゅうのは、必ず民の立場に立ち返らなければならんぜよ。そこにゃ、かつて坂本が夢見たメリケン国のデモクラチーの土台がみえるちや。

ニッポン国の携帯事業も、昨今SIMフリーの方向へ動いてると聞いちょる。もし、それが実現すれば、日本で愛用の携帯(GSM使用)のSIMカードを、メリケン国のプリペイドサービスのSIMに差し替えて利用できるようになるちや。実際にGSM使用が一般的な欧州国とメリケン国間じゃ、SIMの差し替えばあで地元ローカルのサービスを利用する国際商売人が多いちや。

ワシの船で、海援隊のみんなを連れて、メリケン国へ行ってみたかったのう。
デモクラチーという国のあり方を、まっことみたかったぜよ。
*Verizon Wireless, at&t, T-Mobile, Boost Mobile, Vergin Mobile, Beyond GSM, Alltel Wireless, H2O Wireless, SIMPLE-Mobile, Net10, AirVoice Wireless, Tuyo Mobile, Cricket, Page Plus, Movida, Airlink Mobile, Jolt PCS, Total Call Mobile, Mojo Mobile, NTT docomo, Telcel Digital PCS, Ready Mobile PCS, Tracfone, STI Mobile, Extreame Mobile, Omni and logos are registered trademarks of their respective companies. *Nokia, Sony Ericsson, Motorola, LG, Samsung, HTC, Blackberry, Acer, Google, Google phone, Huawei, Apple, iPhone, Dell and logos are registered trademarks of their respective companies. *Android, Gmail, Google Maps, Twitter, dig, flickr, RSS FEED, vimeo, facebook, linkedin, youtube, plaxo, del.icio.us, SoundHound, ez011, LOPEDS, Family Dollar, 7-Eleven, Best Buy and logos are registered trademarks of their respective companies. *Other logos are registered trademarks of their respective companies.
Copyright © 1994-2011 U.S. TELECA, LLC. All Rights Reserved.